男の離婚準備

【男性の離婚準備】弁護士依頼した離婚調停で慰謝料はいくらもらえるのか

離婚準備において慰謝料は、夫である男性が支払う場合もあれば、妻である女性が支払う場合もあり、
またどちらも支払の義務が生じない場合も出来てきます。

 

離婚準備における慰謝料というのは、もともと婚姻関係にあった男女のどちらか一方に、
婚姻関係を続けられないような行為を犯した時に課されるペナルティですから、双方に同じくらいの責任があれば、
一方が他方へどうしても支払わなければならないという性格のものではありません。

 

また弁護士に離婚準備を依頼したからといって、相手に責任がなかった場合は慰謝料が絶対に取れるというものでもなく、
そうした場合の弁護士費用は全額自己負担となります。

 

また、自分が依頼した弁護士に、自分の方の都合の良いことだけを話して調停に望んだところ、
逆に相手から自分に都合の悪い証拠をつきつけられてしまったというような場合は、
当然証拠を持っている方が立場が強くなるものですので、自分の味方には良いことも悪いことも、何でも正直に話しておくことが必要です。

 

更に、離婚調停はいくらお金を貰えるかを決めるところではありません。
調停の本来の目的は、この離婚準備を始めるに際して、感情的にならずに、どちらにどれだけの責任があったかという責任の所在を明らかにしたり、
二人の間に生まれた子どもを今後どうやって育てていくか、また二人で築いた財産や借金をどのように分けていくかなど、
穏やかに話し合う場所ですから、ゆめゆめ勘違いしてはいけません。